クアラルンプール街歩き

クアラルンプールの街角で撮影した画像など。


スルタン・アブドゥル・サマド・ビル

スルタン・アブドゥル・サマド・ビル
(旧連邦事務局ビル)
Sultan Abdul Samad Building

 

都市:クアラルンプール
最寄り駅:LRTマスジッド・ジャメ駅

 

f:id:stak2012:20170514230253j:plain

 

スルタン・アブドゥル・サマド・ビルは
マレーシアの代表的な建物で、
大英帝国統治時代の1894年に
イギリス人建築家の設計で建設されました。

 

大英帝国統治時代は連邦事務局として使用され、
現在は最高裁判所になっています。
ということで残念ながら内部は見学できません。

 

しかし、観光名所ということもあって、
夜は綺麗にライトアップされます。

 

スルタン・アブドゥル・サマド・ビルの向かいには
ムルデカスクエアがあり、撮影スポットにもなっています。
中国人の団体観光客を乗せたバスも次から次へと来ます。

 

f:id:stak2012:20170514230358j:plain

 

 

 

【スルタンアブドゥルサマドビル(旧連邦事務局ビル)周辺地図】